補聴器の選び方 ~種類や特徴など初心者でも分かる超簡単解説~

2021年1月13日水曜日

はじめて 補聴器

この記事をシェアする
  • B!

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。補聴器の通販サイト「聞こえタウン」が運営するこちらのコラムは、初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、補聴器関連情報を分かりやすくお伝えいたします。 ショッピングサイトはこちらから

補聴器の種類・選び方・価格について

補聴器を着けている女性の写真

補聴器はそれ自体に様々な種類があるだけでなく、聴力や価格帯などにも種類があり、初心者が理解するのは大変です。

こちらの記事では、初心者でも分かるよう超簡単な解説で補聴器の種類や特徴についてご説明いたします。

この記事はこんな方におすすめです。

  • どんな種類の補聴器があるのか知りたい人
  • 補聴器についてまったく知らない人
  • 補聴器の選び方を知りたい人

ぜひ参考にしてください。

自分の聴力を知る

補聴器にはそれぞれ、対応する聴力の程度が決まっています。
ご自身の聴力に対応した補聴器を選びましょう。

軽度難聴

  • 小さな会話やささやき声が聞き取りにくい
  • 普通の会話はあまり不自由しない
  • 相手の顔が見えないと聞き取れないことがある

中等度難聴

  • 少し離れた声なら聞き取れる
  • 大勢の中での話し合いは聞き取りが難しい
  • 普通の会話でよく不自由を感じる

高度難聴

  • 耳元で話せば聞きとれる
  • 大きな声で話せば聞き取れる

自分の聴力に不安があるかた、調べてもらいたい方は、一度、お近くの耳鼻科(補聴器外来)を受診することを強くおすすめします。

全国の補聴器相談医はこちら

http://www.jibika.or.jp/citizens/search/

一般社団法人 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 補聴器相談医名簿

補聴器の種類

補聴器のカタチは大きく分けて「耳かけ型」「耳あな型」「ポケット型」の3つに分けることができます。

こちらではそれぞれの特徴、メリット・デメリットを説明します。

耳かけ型補聴器

耳かけ型補聴器の写真

耳かけ型補聴器は、補聴器の操作部が耳の外に出ていて、引っかけて使用します。

サイズが大きい分、高度な機能を搭載することができるので、幅広い難聴度合いに対応しているものもあります。

耳かけ型補聴器の価格帯は、「店舗型」で約5万~50万円「通販型」で約3万~8万円となっています。

メリット デメリット
・比較的操作が簡単 ・重く感じることがある
・髪が長いと装着が目立たない ・眼鏡やマスクをかけるのが煩わしい
・補聴器のメンテナンスがしやすい ・髪が短いと装着していることが分かる

耳かけ型補聴器についてさらに詳しく知りたい方はこちら。

耳あな型補聴器

耳あな型補聴器の写真

耳あな型補聴器は、補聴器の装着を気づかれたくない人、運動をする人、眼鏡やマスクをよく着ける人におすすめです。

耳の穴にすっぽりと収まる超小型の補聴器で、コロナ禍の昨今、人気が高まっています。

耳あな型補聴器の価格帯は、「店舗型」で約5万~50万円「通販型」で約3万~10万円となっています。

メリット デメリット
・装着が気づかれにくい ・電源やボリューム調整、掃除に苦労する
・声の方向が分かりやすい ・洗濯物と一緒に洗う、うっかり紛失などが多い
・眼鏡やマスクの邪魔にならない ・耳垢が多い人、じめっとした耳垢の人には不向き

耳あな型補聴器についてさらに詳しく知りたい方はこちら。

ポケット型補聴器

ポケット型補聴器の写真

ポケット型補聴器は、本体を胸ポケットなどに入れて、イヤホン及びコードを介するタイプです。

本体が大きい分、装着や操作が簡単です。

病院で診察を受ける時や家でテレビを観る時、一対一で話す時など、一時的な装着にもおすすめです。

ポケット型補聴器の価格帯は、「店舗型」で約5万~15万円「通販型」補聴器で約2万~5万円となっています。

メリット デメリット
操作がしやすい ・持ち運びが煩わしい
・周囲に補聴器の使用を分かってもらえる ・運動やスポーツ時に装着できない
・ハウリング(ピーピー音)が少ない ・コードが邪魔な時がある

集音器との見分け方

補聴器と見た目がそっくりな集音器というものがあります。

どちらも音を大きくして聞こえを助けてくれるものなのですが、この2つには大きな違いがあります。

補聴器

補聴器の写真
集音器
集音器のイメージ写真
国が認めた管理医療機器 雑貨・音響機器
音の出力制限あり 出力制限の規定はない
販売者は届け出が必要 届け出は不要

補聴器はもともと難聴者を対象とした機器なので、製品ごとに厳しい検査を受け、一定の効果や安全性が認められたもののみが、管理医療機器として販売されています。

特に出力制限など音に関する機能に優れ、かつ安全性が担保されたものでなければ承認されることはありません。

一方、集音器や助聴器は単なる音響機器なので、製造販売上の制約がなく、搭載されている機能についても特に規定はありません

補聴器と集音器のどちらかを選ぶなら、管理医療機器として認定された補聴器を選びましょう。

補聴器と集音器を見分けるポイントは価格表示です。

補聴器本体は非課税商品なので消費税がかかりません。
【非課税】【非課税対象品】などの表示があればほぼ補聴器で間違いないので、目印にしてください。
(ただし、乾燥ケースや電池などのアクセサリー・周辺機器は課税対象となります)

補聴器の種類選びに迷ったら…

自分にぴったりな補聴器の種類が分からなかったら、補聴器診断を参考にしてみてください。

補聴器はどこで購入するのがおすすめか

補聴器は、店舗で購入できるものと、カタログやテレビショッピング、インターネットを介して購入する通販型の2種類があります。

店舗型補聴器と通販型補聴器の違い

店舗型補聴器 通販型補聴器
価格の目安(片耳) 5万~50万円 2万~10万円
販売方法 対面販売 非対面
アフターフォロー あり
(音量調節やメンテナンス)
保証のみ
医療控除 (※)可能 なし

※2020年10月時点

店舗型は購入前から購入後まで至れり尽くせりといった感じで、困った時にすぐに対応してくれますが、補聴器の平均購入額が片耳で約15万円と高額です。

一方、通販型は使用後の掃除や電池の入れ替え、音量調節など自分でやらないといけませんが、価格が安いので購入時の負担が少なくて済みます。

購入前に見落としがちな買い替えについて

補聴器は耐久年数が5年とされているので、5年ごとに両耳分を買い替える必要があります。

補聴器の買い替えイメージイラスト。補聴器は5年ごとに両耳分を買い替える想定で予算をくみましょう。

そういった点も考慮しながら、自分に合った補聴器の購入場所を決めるのがいいでしょう。
迷った場合は、通販型補聴器を購入して、まずは補聴器に慣れるために使ってみるという選択も良いと思います。

補聴器は高ければ高いほど聞き取りやすい、という訳ではありません。
使う場所と頻度、自分に合うかどうかで聞こえ具合は変わります。

通販型でも基本性能は十分に有効です。
価格が高ければ聞こえの良さもより良くなるという訳ではありません。

全商品14日間の無料お試しサービス 補聴器入門サイト「聞こえタウン」について

補聴器入門サイト「聞こえタウン」は、1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社が運営しています。

  • 通販型補聴器に特化しています
  • 1982年創業のI・E・I社による補聴器を初めて買う人向けの入門サイト
  • 低価格だけど高機能な、大手ブランド・国内メーカー品を厳選(オムロンヘルスケア、オンキヨー、ニコン・エシロール、他)
  • トラブル、故障があればメーカーとの間に入って誠実に対応します
  • 電話窓口もあるので、分からないことがあっても安心
  • アフターフォローは半永久的。末永く“おてつだい”させていただきます

  • 全商品14日間無料でお試しいただけます(※返送費用も一切かかりません)

聞こえ具合のチェックや自分に合った補聴器を知れるおすすめ補聴器診断も実施中です。
下記の画像をクリックして、ぜひご来店ください。

聞こえタウンのバナー写真

この記事を書いた会社
インペリアル・エンタープライズ株式会社
略称 I・E・I(アイ・イー・アイ)

設立年月日:昭和57年(1982年)9月1日
資本金:100,000千円
所在地:〒116-0014
    東京都荒川区東日暮里5-7-18 コスモパークビル6階


お問い合わせ
電話:0120-989-808
 通話料無料・午前9:30~午後5:00(土・日・祝日除く)
メール:お問い合わせフォームはこちら

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。入門用補聴器の専門通販サイト【聞こえタウン】および、本コラム【聞こえタウン コラム】を通じて、初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、分かりやすくお伝えしていきます。

プロフィール

アイコン

聞こえタウン コラム

入門用補聴器を扱う通販サイト

こんにちは。補聴器通販サイト【聞こえタウン】 コラムです。当サイトでは補聴器に関する様々な情報を発信していきます。

ショッピングサイトはこちら

アルパカタウンのバナー画像
入門用補聴器の専門通販サイト「聞こえタウン」はこちら(画像をクリックしてください)

このブログを検索

ブログ アーカイブ

Powered By Blogger

QooQ