補聴器を嫌がる人への説得方法【4選】

2021年3月26日金曜日

補聴器

この記事をシェアする
  • B!

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。補聴器の通販サイト「聞こえタウン」が運営するこちらのコラムは、初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、補聴器関連情報を分かりやすくお伝えいたします。 ショッピングサイトはこちらから

はじめに

補聴器の装着を嫌がる女性の写真

「祖父が補聴器を毛嫌いして着けようとしてくれない」
「テレビの音が大きいので母に補聴器をすすめたら不機嫌になった」

ご家族のためと思って補聴器の話を切り出すと、聞く耳を持たなかったり、はたまた怒られたり、思い通りにいかず苦労しますよね。

こちらの記事では、難聴の人に補聴器をすすめるためのコツをご紹介しています。

「難聴だから補聴器を使いたい」「耳が悪くなったから補聴器を検討しよう」と前向きに考えてくれる人はほとんどいません。

はじめは誰でも補聴器の装着を嫌がります。
とりわけ、高齢になるほど顕著です。

また、ご紹介する方法は必ずしも良い結果につながるとは限りません。

良い結果につなげるには時間がかかる場合もあります。

それでも難聴は認知症の危険因子とされているので、難聴と診断されたら早期に補聴器を使い始めることが大切です。

そのためにも、こちらの記事を参考にしてください。

※補聴器を使い始めるタイミングについてお悩みの方は、「補聴器はいつから着け始めるべきか」の記事を参照してください。

補聴器を嫌がる理由とは

補聴器の装着を嫌がる男性の写真

高齢者が補聴器を嫌がる代表的な理由は以下の通りです。

  • 周りに知られるのが恥ずかしい
  • 経済的な負担がもったいなく感じる
  • 周囲に申し訳ない気持ち
  • 歳のせいだからと諦めている
  • 難聴が認知症の危険因子だと知らない

詳しくご紹介していきます。

周りに知られるのが恥ずかしい

難聴や補聴器を使うことは老いの象徴のようなイメージがあり、それを受け入れがたく感じる人が多いです。

特に、お友達や親戚など親しい間柄に補聴器を使っていることを知られるのが恥ずかしく感じます。

一方で、寄る年波には勝てぬことも重々自覚しているため、頭では理解しているものの認めたくないという気持ちが強くなっている状態です。

経済的な負担がもったいなく感じる

補聴器を買うとなると、経済的な負担が生じます。

年金生活をしている高齢者はなおのこと。

決して安い買い物ではありませんから、「少し不便なくらいなら自分が我慢すればいい」と考えてしまいがちです。

補聴器は高いものもありますが、通販型だと2万円程度から購入できます。

経済的な理由で補聴器を諦めている人には、低価格帯の補聴器をおすすめしてみては。

※低価格帯のおすすめ補聴器は、「通販型補聴器のおすすめランキング10選【2022年・最新版】」の記事でご紹介しています。

周囲に申し訳ない気持ち

難聴になり、いざ補聴器を買おうかなと考えても自分の経済力では買えないため、周囲に頼らざるを得ない場合があります。

それ自体が人様に迷惑をかける、申し訳ないと感じてしまい、行動に移せない高齢者も。

親子であっても「迷惑ではない」「自分を頼って欲しい」とハッキリと伝えましょう。

実際に何かあったらしっかりとサポートすることも忘れずに。

歳のせいだからと諦めている

「もう、自分は歳だから」そんな理由で補聴器を使わない高齢者も。

そういった方でも、人生を楽しみたい気持ちは必ず持っています。

「大きくなったお孫さん(ひ孫さん)が話したがっている」「一緒に観劇を見に行きたい」など、ご本人の楽しみにつながるような誘い方で、さりげなく補聴器をすすめてみてはいかがでしょうか。

難聴が認知症の危険因子だと知らない

「まだ補聴器を着けるほどではない」「我慢すればいいだけだから」と考えがちですが、ここに落とし穴が。

実は、難聴は認知症の危険因子のひとつとされています。
音の少ない生活は、脳の認知機能を衰えさせるからです。

そういった事実を伝えてあげることも大切です。

実際に、認知症になればご家族への負担は計り知れません。

認知症と難聴の関係について詳しく知りたい方は、「補聴器が難聴と認知症に与える影響」の記事をご覧ください。

本人に補聴器を使ってみようと思わせる説得方法4選

ご家族の気持ちを少しずつ解きほぐすために、いくつかの実践できることをご紹介いたします。

  • 専門医のアドバイスを一緒に聞く
  • 周囲が難聴で困っていることを伝える
  • 聞こえがよくなったときのメリットを伝える
  • 補聴器に対する誤解をそれとなく解いてあげる

結果には時間がかかる場合もありますが、気長にゆっくりと話をすすめる心積もりでいてください。

専門医のアドバイスを一緒に聞く

補聴器について医師と話す女性の写真

認知症は、ご家族はもちろんのこと、ご本人も避けたいことなので、受診の動機づけとしておすすめです。

ただし、認知症検査を前向きに受けようとしたがる人はいません。

「認知症のテストを受ける前段階として、念のため難聴度合いを診てもらおうか?」と言った感じで、聴力検査の動機づけのために認知症の話をしてみてください。

ご本人と離れて暮らしている方には、できれば時間を見つけて一緒に聴力検査に付き添ってあげれば安心するはずです。

補聴器外来は全国にありますので、こちらのURLから調べてください。

補聴器相談医名簿
http://www.jibika.or.jp/citizens/search/

周囲が難聴で困っていることを伝える

困り顔の写真

誰しも人の迷惑になるのは避けたいところです。

だから困っていることをやさしく伝えましょう。

ご本人も年寄り扱いされるのは快く思いませんので、言い方には配慮が必要です。

(伝え方の例)
  • お孫さん(ひ孫さん)は、ご本人とお話がうまくできなくて困っている
  • テレビの音が少し大きいように感じる
  • 話しかけても聞こえてないことが多いので少し心配
  • 最近「えっ?」と聞き返すことが多くて気になる
  • 相手の話声が聞き取りにくくなっているように思う
  • 玄関のチャイム音に気付かないと、居留守をしていると思われるよ

では「どうすればいいか」「どうして欲しいのか」という話になったら、やはり耳鼻科(補聴器外来)で聴力検査をしてもらうようお願いしましょう。

聞こえがよくなったときのメリットを伝える

補聴器を使ってお孫さんと楽しそうに会話する祖母の写真

上記とは逆に、(補聴器を使って)聞こえがよくなったときのイメージを持ってもらいましょう。

  • テレビやラジオの声がハッキリと聞こえるので、今まで以上に生活が楽しくなる
  • 映画や演劇などを観に、積極的に出掛けられるようになる
  • ご家族やご近所さんと会話がもっと楽しめるようになる
  • 働いている人であれば、補聴器を着けていないときに比べて仕事での優位性が増す
  • 生活の質(QOL)を向上させ、睡眠の質を高めるなど、好影響を及ぼす

補聴器に対する誤解をそれとなく解いてあげる

補聴器の誤解を祖母にそれとなく教える女の子の写真

まだ、前向きではないものの、検討してもいいような節があれば、補聴器に対する誤解を解くことも有効です。

視力が悪ければメガネを使うように、「耳が悪ければ補聴器を使う」くらいの気楽な感覚で話してみてはどうでしょうか。

知り合いに補聴器を使っている人がいて、こんな話をしていたよ、というような会話のすすめ方がいいと思います。

こんな誤解が多いけど… 実際は…
常日頃から着けないといけない はじめは使いたいときだけで十分
補聴器は高く、家計の負担になる 安価で十分な性能のものもある
聞こえに困ってから使い始める なるべく早く使い始めた方がいい
補聴器の使用を知られたくない 目立たない補聴器がある
補聴器で難聴が治るわけではない 難聴の悪化を抑制する可能性がある
一度使ったが不満点が多かった 補聴器に慣れるまである程度の訓練が必要

これ以外にも、ご本人の気持ちを動かせる表現方法を皆さんは持っていると思います。
ぜひ、いろいろと試してみてください。

最後に絶対にやってはいけないNG行動をご紹介いたします。

補聴器を嫌がる人へのNG行動

補聴器を嫌がる人のイラスト

補聴器を強要する

ご本人がその気になっていないのに補聴器の話を持ち掛けると、必ず拒否反応を示します。

拒否するだけならいいのですが、補聴器を将来的に使うのを拒んでしまう可能性もあるので、そうしたことは控えましょう。

欲しいと思うまで放置してしまう

補聴器の装着に消極的な人は、放っておいても気が変わる可能性は少ないです。

使いたいと思うまで気長に待っていると難聴を進行させて、補聴器を着けたときに後悔する可能性があります。

直接的な表現は避けつつも、少しずつでも「使いたい」と思わせるように仕向けていきましょう。

いきなり補聴器を買う

補聴器は購入前に必ず耳鼻科(補聴器外来)で受診をしてもらいましょう。

もしかしたら、難聴の原因が単なる耳垢のつまりかもしれませんし、中耳炎にかかっていて治療が必要な状況かもしれません。

しっかりと専門医に診てもらい、ご本人に難聴という現実を受け入れてもらう必要があります。

診断の結果、補聴器の必要があるということであれば、それから購入を検討しましょう。

関連記事

全商品14日間の無料お試しサービス 補聴器入門サイト「聞こえタウン」について

補聴器入門サイト「聞こえタウン」は、1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社が運営しています。

「聞こえタウン」の特徴は、以下の通りです。

  • 通販型補聴器に特化しています。
  • 1982年創業のI・E・I社による補聴器を初めて買う人向けの入門サイト
  • 低価格だけど高機能な、大手ブランド・国内メーカー品を厳選(オムロンヘルスケア、オンキヨー、ニコン・エシロール、他)
  • トラブル、故障があればメーカーとの間に入って誠実に対応します
  • 電話窓口もあるので、分からないことがあっても安心
  • アフターフォローは半永久的。末永く“おてつだい”させていただきます

  • 全商品14日間無料でお試しいただけます(※返送費用も一切かかりません)

聞こえ具合のチェックや自分に合った補聴器を知れるおすすめ補聴器診断も実施中です。

下記の画像をクリックして、ぜひご来店ください。


この記事を書いた会社
インペリアル・エンタープライズ株式会社
略称 I・E・I(アイ・イー・アイ)

設立年月日:昭和57年(1982年)9月1日
資本金:100,000千円
所在地:〒116-0014
    東京都荒川区東日暮里5-7-18 コスモパークビル6階


お問い合わせ
電話:0120-989-808
 通話料無料・午前9:30~午後5:00(土・日・祝日除く)
メール:お問い合わせフォームはこちら

当コラムは1982年創業、補聴器を販売して25年以上のインペリアル・エンタープライズ株式会社によるものです。入門用補聴器の専門通販サイト【聞こえタウン】および、本コラム【聞こえタウン コラム】を通じて、初めて補聴器を購入される方・ご検討される方向けに、分かりやすくお伝えしていきます。

プロフィール

アイコン

聞こえタウン コラム

入門用補聴器を扱う通販サイト

こんにちは。補聴器通販サイト【聞こえタウン】 コラムです。当サイトでは補聴器に関する様々な情報を発信していきます。

ショッピングサイトはこちら

アルパカタウンのバナー画像
入門用補聴器の専門通販サイト「聞こえタウン」はこちら(画像をクリックしてください)

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ